Subscribe Now

* You will receive the latest news and updates on your favorite celebrities!

Trending News

タグ: areachikuho

tagawa-201911-robert capa-展覧会1
芸術を楽しむ

ロバート・キャパ展 -THE FACE-

田川市美術館 | 戦争者写真家として知られるロバート・キャパ(1913-1954)。彼は第二時世界大戦など五つの戦争を命がけで取材し、歴史的な場面をカメラに収めてきたことで知られています

homa-201910-筑豊展
芸術を楽しむ

第75回福岡県美術展覧会筑豊展

嘉麻市立織田廣喜美術館 | 日本画・洋画・写真・デザイン・書の5部門の作品から一般公募の部の入賞作品と筑豊地区の入選作品、福岡県美術協会の部の入賞作品と筑豊地区の会員作品を巡回展示

tagawa-201903-ねこぜ-展覧会
芸術を楽しむ

ねこぜ展

田川市美術館 | 猫に関する作品はもちろん、猫背から読み取れる人々の姿や猫と人との関わりを紹介

tagawa-201901-英展1
芸術を楽しむ

第1回タガワアートビエンナーレ「英展」

田川市美術館 | 第1回目となる今回は、小さな美術館からアート革命を起こすべく、芸術の枠組みにとらわれない“とんがった” 作品を募集し、630点の作品が寄せられました。本展では、審査員によって選定された入賞9点と入選52点を展示いたします。

直方谷尾美術館 外観
芸術を楽しむ

子どものための美術館 × 植木好正展

直方谷尾美術館 | 植木好正さんの描くユーモラスな人々の絵画作品が展示されるとともに、子どもスタッフが子どもたちの目を通して感じたことを「かるた」にした作品を展示します。会期中、子どもスタッフによる解説や工作教室等イベントを多数開催します。

tmoa-201812-英展
芸術を楽しむ

「英展」の軌跡。未来へ

田川市美術館 | 開館翌年より推薦制の公募展として毎年開催しておりました「英展」は、今年度より全国公募の美術展 タガワアートビエンナーレ「英展」として、再スタートする運びとなりました。それに伴い、長きにわたり積み重ねてきた英展の偉業を展覧する回顧展と、今後の英展の更なる発展に向けた審査員3名による展覧会を同時開催致します。

嘉麻市立織田廣喜美術館-外観
芸術を楽しむ

第2回アートキッズ展

嘉麻市立織田廣喜美術館 | 小学生を対象に一年間を通じて美術館で活動するプログラム『アートキッズ』を昨年から実施しています。2年目となる本年も美術館の中でのワークショプやミーティングなど様々な活動を行います。

直方谷尾美術館 外観
芸術を楽しむ

子どものための美術館 × 植木好正展 ファミリー

直方谷尾美術館 | 植木好正さんの描くユーモラスな人々の絵画作品が展示されるとともに、子どもスタッフが子どもたちの目を通して感じたことを「かるた」にした作品を展示します。会期中、子どもスタッフによる解説や工作教室等イベントを多数開催します。

tmoa-201809-コレクション展 新収蔵作品と線と色
芸術を楽しむ

コレクション展 新収蔵作品と線と色

田川市美術館 | 平成29年度に新しく収蔵した上條陽子、熊谷守一、黒田征太郎、山喜多二郎太の作品を初公開します。それにあわせて、当館のコレクションから、画中に描かれる線や色に注目して選定した作品を紹介します。

tmoa-201808-ひみつ基地-魔法のお部屋
芸術を楽しむ

夏休み特別企画 作家がつくる ぼくらのひみつ基地とわたしの魔法のお部屋

田川市美術館 | 今年で3回目となる本展は、「ひみつ基地」「魔法のお部屋」がテーマです。筑豊で活躍する作家とつくり上げる本展は、さまざまな表現と演出によって美術館に足を運んだことのない方でも楽しくご覧いただける内容となっています。作品はもちろん撮影スポットなどもご用意しており、小さなお子さまから大人まで一緒に楽しめる、いつもとは違った展覧会をお楽しみいただけます。

homa-201807-嘉飯山の画家たち展
芸術を楽しむ

第13回嘉飯山の画家たち展

嘉麻市立織田廣喜美術館 | 本展では、嘉麻市、飯塚市、桂川町において今現在活動する作家を紹介することで、今なお咲き続ける嘉飯山の美術の花を紹介します。

ntam-201806-ぼくたちのかいじゅうワールド展
芸術を楽しむ

ぼくたちのかいじゅうワールド展

直方谷尾美術館 | 本展では、直方市近郊に生息する生物を撮影する自然写真家の武田晋一から、空想上の生物を集めた博物館・不思議博物館を開く造形作家の角孝政、日々の生活を営む人の姿をかたちづくる彫刻家白石絵里に、突如として巨大化した自然の生き物の姿を描く画家阿部健太らによる作品をご覧いただくとともに、多様性について今一度見つめ直す展覧会です。

tmoa-201806-本橋成一-展覧会
芸術を楽しむ

本橋成一 在り処

田川市美術館 | 本展では、本橋の原点となる炭鉱住宅で暮らす人々の生活を撮影した「炭鉱〈ヤマ〉」シリーズの他、未発表の初期作品から代表作を含めた250点以上を展示し、半世紀にもおよぶ写真家としての軌跡を紹介します

ntam-201804-鋤田正義-写真展
芸術を楽しむ

鋤田正義写真展「ただいま。」

直方谷尾美術館 | 「生まれ故郷で写真展をしたい」という鋤田氏の思いと、氏の成功体験をモデルケースに、夢の実現を青少年に身近に感じ取ってもらいたいという地域の強い意志により企画された写真展。

tmoa-201804-松岡英明-展覧会
芸術を楽しむ

「在郷の風景」松岡英明展

田川市美術館 | 本展は松岡英明氏の退任記念といたしまして、画家として初期の作品から、館長と画家を兼務しながら活躍した近年の作品、また二紀会会員として二紀展に毎年出品している大作など、作家の画業が辿れる展示となっております。

homa-201803-織田廣喜-展覧会
芸術を楽しむ

春のコレクション展2018

嘉麻市立織田廣喜美術館 | 織田廣喜美術館のコレクション(所蔵品)の中から、様々なテーマで織田廣喜をはじめ様々な作家の作品を紹介いたします。