Subscribe Now

* You will receive the latest news and updates on your favorite celebrities!

Trending News

タグ: faam

福岡アジア美術館 外観
Exhibition-ended

あじびレジデンスの部屋

福岡アジア美術館 | 2019/03/28 – 2020/03/17
近年のレジデンス作家による福岡で制作された収蔵作品とあわせて、当館の「レジデンス事業」の広がりをお伝えします

福岡アジア美術館 外観
芸術を楽しむ

第23回福岡市美術連盟展

福岡アジア美術館 | 福岡市美術連盟展は今回で23回目の開催となります。日本画・絵画・彫刻・工芸・写真・グラフィックデザインの6つの分野で、福岡を拠点に多様な創作活動を行っている会員たちが一堂に集まって行う展覧会です。情熱あふれる作品群を、どうぞお楽しみ下さい。

福岡アジア美術館 外観
芸術を楽しむ

第11回福岡市障がい児・者美術展「福岡コアサイド・アート2018」

福岡アジア美術館 | 純粋にアートを楽しんでいる人たちの芸術「福岡コアサイド・アート2018」は、出展者、来場者のおかげで、今回で11回目を迎えることができました。作品は小学生から一般の部までありますが、「小中学生の部」につきましては、ご鑑賞いただいた皆さまの投票で入賞作品が決定されます。

福岡アジア美術館 外観
芸術を楽しむ

書のときめき展’18 一墨会&井上一光

福岡アジア美術館 | 中国古代文字の甲骨文・金文は、今の私たちが用いている漢字の起源です。この甲骨文・金文を主なモチーフとした近代書の創作作品です。本展では、会員選抜9名による「規定課題(風)」「自由課題」「小品課題」23点、井上一光による「サウンド・オブ・ミュージック心象アルバム」「無常心象アルバム」「般若心経心象アルバム」7組、大作から小品まで新作を発表いたします。

福岡アジア美術館 外観
芸術を楽しむ

智書展(さとりしょてん)

福岡アジア美術館 | 智書家元と師範さん 福岡県内の生徒さん達による作品展。大切な人の笑顔を思い浮かべながら、それぞれ個性豊かに表現された作品の数々が展示されてます。

faam-201810-横尾忠則とアジア’89
芸術を楽しむ

横尾忠則とアジア’89

福岡アジア美術館 | 1989年、横尾忠則は2つのアジア美術の展覧会「第3回アジア美術展」(福岡市美術館)と「第4回バングラデシュ・アジア美術ビエンナーレ」に参加しました。本展では「第3回アジア美術展」のポスター原画や当時の図録、映像記録などで、横尾忠則とアジアとのかかわりを紐解きます。また、それに先立って、インド大衆芸術に影響を受けて制作された1970年代のポスターも合わせて紹介します。

福岡アジア美術館 外観
芸術を楽しむ

新作がいっぱい!魔法の美術館 リターンズ

福岡アジア美術館 | 「魔法の美術館」はデジタルとアートが融合した”未來体験型”の展覧会です。お客さま自身が、光と映像を駆使した作品の中で、見て、触れて、参加できるのが特徴です。アジア美術館で開催した2015年には5万人以上の方が訪れました。

福岡アジア美術館 外観
芸術を楽しむ

夏休みこども企画「サイエンスの眼」

福岡アジア美術館 | 新しくオープンした福岡市科学館と連携し、アートとサイエンス(科学)をテーマに展示を行います。一見すると、まるで異なる二つの領域ですが、どちらも私たち人間に対する探求心や、自然や宇宙の神秘への憧れなどを共有しています。本展では、近代科学の視点を交えながら、いままで気づかなかったアートの魅力を発見します。また子どもから大人まで楽しめる科学をテーマとしたクイズや、会期中にはギャラリーツアーも行う予定です。

福岡アジア美術館 外観
芸術を楽しむ

「あじび研究所」

福岡アジア美術館 | 本コーナーでは、普段のコレクション展の中では語りつくすことのできない、作者の意図や制作背景について、パネルや参考資料を交えながらより深く迫っていきたいと思います。「観る」作品から「読み解く」作品へ、新たなコレクション体験をお楽しみください。

福岡アジア美術館 外観
芸術を楽しむ

ミュシャ展 ー運命の女たちー

福岡アジア美術館 | 19世紀末に、アールヌーヴォーの栄華を彩った“ミュシャ”の描いた女性たちの作品を一挙公開。パリの人気舞台女優サラ・ベルナールの公演ポスター「ジスモンダ」をはじめ、「椿姫」や「ジョブ」など、ミュシャの代表作品約150点を展示します。繊細で優美なミュシャのタッチをお楽しみください。

福岡アジア美術館 外観
芸術を楽しむ

テキスタイルアート・ミニアチュール5 百花百躍

福岡アジア美術館 | 「染める・織る・編む・組む・縫う」などのテキスタイルの基本的な技法や繊維素材をベースとして、各世代の100名のアーティストが20×20×20cmという限られた空間に、「飛躍」「躍動」「躍如」などにも使われる「躍」をテーマに従来のスタイルを越えた表現の可能性を求め、内容豊かな世界を展開しました。百人百様の「躍」の作品が展示されます。是非ご高覧下さい。