再興第103回院展


 
 
kmma-201904-院展
 
 
北九州市立美術館 本館 | 再興第103回院展
 
 
再興院展は、日本美術院が主催する日本で最も長い歴史と伝統を誇る日本画の展覧会です。
九州で唯一の会場である北九州市立美術館は昭和55年(1980)から毎年開催しています。
40回目を迎える今年は、分館から本館へ変わり、現代日本画壇の巨匠から若い作家たちの大作が会場を華やかに彩ります。
 
日本美術院は明治31(1898)年、近代芸術の改革者・岡倉天心が創立した日本画の研究団体で、一時活動を休止しますが、天心が没した翌年の大正3(1914)年に天心の遺志を継いだ横山大観らが再興しました。
新しい日本画の創造をめざし、多くの優れた作家たちを生むと同時に近代日本美術の発展に多大なる貢献を果たしてきました。
創立から120年を迎えた今もなお、日本画壇の中心的な団体として活躍を続けています。
本展では日本美術院同人作家の新作をはじめ、受賞作品、および九州出身・在住作家の入選作品を含む68点を一堂に展示します。現代日本画の精粋の数々をご覧ください。
 
 

イベント名
 再興第103回院展
開催場所
 北九州市立美術館 本館
開催地住所
 福岡県北九州市戸畑区西鞘ヶ谷町21番1号 (地図はこちら)
開催日
 2019-04-26(金) ~ 2019-05-26(日)
お問い合わせ
 TEL: 093-882-7777
利用時間
 9:30~17:30(入館は17:00まで)
お休み
 5月7日(火)、5月13日(月)、5月20日(月)
料金
 一般  1000(800)円
高大生 600(400)円
小中生  400(300)円
※( )内は20名以上の団体料金。なお障害者手帳、年長者施設利用証(北九州市交付のもの)を提示の方は無料。
公式WEB
 http://kmma.jp/honkan/
備考