栄西禅師八百年大遠諱記念特別展 日本最初の禅寺 博多・聖福寺


 
 

十六羅漢像(部分)
十六羅漢像(じゅうろくらかんぞう)部分 山崎朝雲作 大正時代

 
 
 

福岡市博多区の市街に広大な伽藍を構える安国山聖福寺は、鎌倉時代の建久6(1195)年に明庵栄西(みんなんようさい)禅師が開いた日本で最初の禅宗寺院です。

 

山門の勅額「扶桑最初禅窟(ふそうさいしょぜんくつ)」は後鳥羽天皇の宸筆(しんぴつ)と伝え、栄西が中国から伝えた喫茶の文化もここから全国に広まりました。

 

室町時代には幕府の五山十刹に列せられ、中国・朝鮮半島との国際交流に活躍した外交僧を輩出しました。

 

また、江戸時代には「博多の仙厓さん」こと僊厓義梵(せんがいぎぼん)が多くの親しみ深くユーモアあふれる禅画を残したことでも知られています。

 

聖福寺では、平成26(2014)年、栄西禅師の800年大遠諱を迎えます。本展覧会ではこれを記念し、門外不出の名宝を含む寺宝約200点を公開します。

 
 

イベント名
 栄西禅師八百年大遠諱記念特別展 日本最初の禅寺 博多・聖福寺
開催場所
 福岡市博物館 特別展示室
開催地住所
 福岡市早良区百道浜3-1-1 (地図はこちら)
開催日
 (木) ~ (木)
お問い合わせ
 TEL: 092-845-5011 (プラスフクオカを見たとお伝え下さい)
利用時間
 9:30~17:30(入館は17時まで)
お休み
 月曜日 ※ただし、祝日の月曜日(4月29日、5月6日)は開館し、 翌火曜日(4月30日、5月7日)は休館します
料金
 一般:1,200(1,000)円 高大生:800(600)円 中学生以下無料 ※( )内は、前売り・20名以上の団体料金 ※満65歳以上の方は、前売り一般料金でご覧いただけます。観覧券購入の際に年齢が分かるもの(シルバー手帳、健康保険証、運転免許証等)をご提示ください。 ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳(以上の手帳を提示した人の介護者1人を含む)及び、特定疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾患医療受診券をご提示の方は無料。
公式WEB
 http://museum.city.fukuoka.jp/jf/2013/syoufukuji.html
備考
 
+ 近隣オススメイベント