発掘が語る福岡の歴史


 
 

福岡の北に広がる玄界灘は朝鮮半島に接し、そして中国大陸につながっています。

 

このため福岡は大陸文化との最初の接点という役割を果たしてきました。

 

今回の展示ではそのような対外交流を示す遺物を中心に、発掘で出土した遺構・遺物から福岡の歴史をたどります。

 

ここでは各時代の特徴的な遺跡・遺物を紹介します。

 
 

イベント名
 発掘が語る福岡の歴史
開催場所
 福岡市博物館 企画展示室4
開催地住所
 福岡市早良区百道浜3-1-1 (地図はこちら)
開催日
 (水) ~ (水)
お問い合わせ
 TEL: 092-845-5011 (プラスフクオカを見たとお伝え下さい)
利用時間
 9:30~17:30(入館は17時まで)
お休み
 月曜日(祝日の場合は翌平日)
料金
 ※常設展示室は、リニューアル工事に伴い、平成25年11月2日(土)までの予定で閉室するため、観覧できません。この間、国宝「金印」は、企画展示室に展示します。 一般:200(150)円/高大生:150(100)円 ただし、常設展示室閉室期間中は、一般100(80)円/高大生80(50)円 ※中学生以下無料 ※( )内は20人以上の団体の料金。 ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳(以上の手帳を提示された方の介護者1人を含む)及び、特定疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾患医療受診券、福岡市・北九州市・熊本市・鹿児島市民でシルバー手帳など65歳以上が確認できるものをご提示の場合は無料。
公式WEB
 http://museum.city.fukuoka.jp/je/jje_fr3.html
備考
 
+ 近隣オススメイベント