館蔵近世絵画名品展


 
 

knm-201402-館蔵近世絵画名品展

 
 
 

270年に及ぶ安定を謳(うた)った江戸時代は、日本の美術が最も多面的に展開し、独創に富んだ絵画がつくりだされた時代でもありました。

 

安土桃山時代の遺風を伝える障屏画(しょうへいが)や、長崎を通じてもたらされた外来の文化に刺激を受けた斬新な絵画など、その豊かで多彩な表現世界は、今なお我々を魅了してやみません。

 
 

本展では、17世紀から19世紀の絵画を中心に、当館がこれまで収集してきた作品をご紹介します。

 

近世絵画に映し出された瑞々しい好奇心と、生き生きとした描写をお楽しみください。

 
 

前期は「屏風絵の世界」、後期は「外国との交流文化」をテーマに展示作品を入れ替えます。

 

ぜひ二度、足をお運びください。

□ 前期 2月25日(火)~4月 6日(日):「屏風絵の世界」
□ 後期 4月 8日(火)~5月18日(日):「外国との文化交流」

 
 
 

□ 関連イベント
ミュージアムトーク
日時: 平成26年 3月11日(火)、18日(火)、4月15日(火)、22日(火)
15時 ~ 15時30分
会場: 九州国立博物館 関連第11室
聴講料: 無料(ただし文化交流展の観覧料は必要)

 
 

イベント名
 館蔵近世絵画名品展
開催場所
 九州国立博物館 (4階 文化交流展示室)
開催地住所
 福岡県太宰府市石坂4-7-2 (地図はこちら)
開催日
 (木) ~ (木)
お問い合わせ
 TEL: 050-5542-8600(NTTハローダイヤル午前8時?午後10時)
利用時間
 9:30~17:00(入館は16:30まで)
お休み
 月曜日 ※5月5日(月・祝)は開館
料金
 一般:420円(210円) 大学生:130円(70円) 高校生以下・18歳未満および満70歳以上の方は無料
※( )内は20名以上の団体料金です
※特別展は別料金です
※平成26年4月15日(火)~5月18日(日)の期間は特別展「華麗なる宮廷文化 近衞家の国宝-京都・陽明文庫展」の半券でもご覧いただけます。
※障がい者等とその介護者1名は無料です。展示室入口にて、障害者手帳等をご提示ください。
※高校生以下・18歳未満および満70歳以上の方は、展示室入口にて年齢が分かるもの(生徒手帳、健康保険証、運転免許証等)をご提示ください。
※キャンパスメンバーズの方は団体料金でご入場いただけます。券売所にて学生証、教職員証等をご提示ください。
公式WEB
 http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_pre114.html
備考
 
+ 近隣オススメイベント