とりかわつくね 小個展「第二極地観測所の本棚 “南十字星を歩く夢”」


 
 

t-torikawa-201402-とりかわつくね 小個展「第二極地観測所の本棚 “南十字星を歩く夢”」

 
 
 

t-torikawa-201402-とりかわつくね 小個展「第二極地観測所の本棚 “南十字星を歩く夢”」-sample01

 
 
 
 

奇妙な標本、4次元に消えた魔女の腕、銀の耳の首飾り、誰も読めない古書の断片。

 

誰かの脳を映し出す本棚は、あるはずのない南極星の夢を見る。

 

原稿用紙の上の南十字星はただ、やがて訪れる哲学者を待つ。

 

“南十字星を左へ!アンタレスは行き止まり!”

 

誰かの声。白い階段。白い衿。ふと気付くと漂う珈琲の匂い。

 

街の喫茶店にひっそり現れては消えてゆく、26日間の不思議な図書室。

 
 
 
 
 

第二極地観測所初の個展。

 

コンセプトは「26日間限定の図書室と文房具屋」。

 

第二極地観測所オリジナルグッズやアクセサリー、ドローイング作品や書籍の販売を行います。

 

また、本棚の一角をお借りし、主宰・とりかわつくねの蔵書も展示致します。

 
 
 

とりかわつくね

 

1994年生まれ、福岡在住。
自称 “極地造形研究家”。
鉱物や深海生物といった”理科的な”モチーフをコンセプトに据えたアート活動を展開中。
「部屋から一歩も出ずに理科的世界観の極地・南極を感じる方法」を研究テーマとした私的研究機関としてのアートユニット「第二極地観測所」主宰。
また、ペンギンを様々な角度からアートするユニット「First penguin Lab.」研究員でもある。
小説や絵画、立体造形物の制作、印刷物デザイン、ポストカードやTシャツ、アクセサリー他のグッズ販売等。
アートと音楽の情報サイト「WeB95」にて、小説「プレイアデス手稿―南極の見た白昼夢、すぐそこにある蜃気楼」を連載中。

 
 

イベント名
 とりかわつくね 小個展「第二極地観測所の本棚 “南十字星を歩く夢”」
開催場所
 ベニールカフェ
開催地住所
 福岡県福岡市中央区警固2丁目18-13 オークビル2F (地図はこちら)
開催日
 (金) ~ (金)
お問い合わせ
 TEL: 092-714-7179 (プラスフクオカを見たとお伝え下さい)
利用時間
 11:00~20:00
お休み
 水曜日
料金
 観覧無料
公式WEB
 http://tsukune1138.amearare.com/
備考
 
+ 近隣オススメイベント