片山博詞彫刻展 見えるものと見えないものの間で


 
 
 

ntam-片山博詞彫刻展 見えるものと見えないものの間で-01

 
 
 

ntam-片山博詞彫刻展 見えるものと見えないものの間で-02

 
 
 

直方谷尾美術館 | 片山博詞彫刻展 見えるものと見えないものの間で

 
 

触れて鑑賞する彫刻展

 

昨年、JR直方駅前に建立された「大関魁皇」像の制作者である彫刻家、片山博詞さんの作品展を開催します。

 

駅前の魁皇像は、見る人が像に触れて鑑賞できるように台を低くしてあります。片山さんは、彫刻が「触覚の芸術でもある」という観点から、これまでに、作品に触れて鑑賞するワークショップや、展ら会を企画してきました。

 

本展も自由に作品に触れて鑑賞していただく展示会となります。ぜひ会場で、目を閉じて、そっと作品に触れてみてください。目で見るだけでは味わえない新鮮な世界が広がることでしょう。

 
 

イベント名
 見えるものと見えないものの間で
開催場所
 直方谷尾美術館
開催地住所
 福岡県直方市殿町10-35 (地図はこちら)
開催日
 2015-05-30(土) ~ 2015-07-12(日)
お問い合わせ
 TEL: 0949-22-0038 (プラスフクオカを見たとお伝え下さい)
利用時間
 9:30~17:30(ただし入館は17時まで)
お休み
 月曜日
料金
 一般100円、高大生50円、中学生以下無料
公式WEB
 http://yumenity.jp/tanio/
備考