シン・えびすリアリズム~蛭子さんの展覧会~


 
 

ktqmm-201703-シン・えびすリアリズム~蛭子さんの展覧会~-飛べる人
飛べる人 © 蛭子能収

 
 
 

ktqmm-201703-シン・えびすリアリズム~蛭子さんの展覧会~-躍りましょう
躍りましょう © 蛭子能収

 
 
 

ktqmm-201703-シン・えびすリアリズム~蛭子さんの展覧会~-チャンポンを食べる家族
チャンポンを食べる家族 © 蛭子能収

 
 
 

漫画家として出発し、現在に至るまで多方面で活躍している蛭子能収(えびすよしかず) の世界を約 200 点の作品からたどります。

 
 

本展は、長崎歴史文化博物館を皮切りに、渋谷パルコや天城ミュージアム(静岡県)、湯 前まんが美術館(熊本県)などで巡回してきた展覧会です。

 

蛭子は 1973 年に『月刊漫画ガロ』で漫画家デビューした後、タレントや俳優、監督などとしても幅広く活動してきました。

 

漫画家としての蛭子はデッサン・色彩ともにアンバランスながらも強烈な印象を残す「ヘタウマ」な作風で高く評価されています。

 
 

この展示では、蛭子のデビュー当時からの作品を紹介することで、絵画の巧拙を越える漫画のプリミティブな魅力、面白さを伝えます。

 

さらに、学生時代に描いた絵や近年手がけたイラスト、立体造作などから新しい「えびすワールド」を体験してください。

 
 
 

◎蛭子能収プロフィール◎
 
1947 年生まれ、長崎県出身。長崎商業高校卒業後に地元の看板店に就職する。チリ紙交換 など様々な職業を経ながら、1973 年『月刊漫画ガロ』に「パチンコ」で漫画家デビューする。
1980 年代から劇団「東京乾電池」に参加。タレントとしての活動のほか、エッセイストと しても多数の著作がある。 近刊に『ヘタウマな愛』(新潮社)、『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社)、漫画作品を集 めた『パチンコ 蛭子能収初期漫画傑作選』(KADOKAWA)『復活版 地獄に堕ちた教師ども』 (青林工藝舎)などがある。

 
 
 

【特別企画】
「蛭子さんの似顔絵サイン会」を開催します。
詳細はこちら → http://www.ktqmm.jp/event_info/8742

 
 

イベント名
 シン・えびすリアリズム~蛭子さんの展覧会~
開催場所
 北九州市漫画ミュージアム 企画展示室
開催地住所
 福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-5 あるあるCity5階 (地図はこちら)
開催日
 2017-03-18(土) ~ 2017-05-21(日)
お問い合わせ
 TEL: 093-512-5077
利用時間
 11:00~19:00 (入館は閉館の30分前まで)
お休み
 火曜日(春休み期間中の 3/28、4/4、およびゴールデンウイーク中の 5/2 は開館)
料金
 【常設展とのセット券】一般700円、中高生400円、小学生250円
【企画展】一般500円、中高生300円、小学生200円
公式WEB
 http://www.ktqmm.jp/kikaku_info/8666
備考
 
+ 近隣オススメイベント