ニコラ・デペトリス「人と風景」


 
 

ifdjk-201711-ニコラ・デペトリス「人と風景」

 
 
 

□ 福岡の街と自然

 

ニコラ・デペトリスは「人間と自然界の関係性」をテーマに人間の軌跡としての建築、その背景にある世界を描く。

 

福岡では、ヨーロッパとは異なる光が照らし出す空や海の色、福岡の人と街・自然が織り成 す豊かな景色に魅了された。

 

街中・砂浜・高層ビル・港・離島で、福岡の街や山が空を切り 取る線を描き続けている。

 

今回の個展では、福岡で制作された作品を中心に油絵約 30 点を展示。福岡で制作した映像 作品も展示予定。

 
 
 

□ ニコラ・デペトリス/Nicolas Depetris
フランス・ニース生まれで、福岡在住のアーティスト・建築家。
パリ・ベルビル建築学校在学中から画家ジャン=バティスト・セシュレに師事。
油絵を中心に制作活動を開始した。
2014年7月パリ・マレ地区のギャラリーで初の個展を開催。
2015年に福岡に移住してからも、日本やフランス、モナコで定期的に作品を発表している。

 
 

イベント名
 ニコラ・デペトリス「人と風景」
開催場所
 アンスティチュ・フランセ九州 5Fギャラリー
開催地住所
 福岡県福岡市中央区大名2-12-6 ビルF (地図はこちら)
開催日
 2017-11-11(土) ~ 2017-12-16(土)
お問い合わせ
 TEL: 092-712-0904 (プラスフクオカを見たとお伝え下さい)
利用時間
 火~金 10:00-19:00
土 10:00-18:00
お休み
 休館: 日・祝・月
料金
 観覧無料
公式WEB
 http://www.institutfrancais.jp/kyushu/events-manager/exposition-akihito-takuma/
備考