息を呑む繊細美 切り絵アート展


 
 

人々は古くから紙を切り貼りし、窓辺や壁を飾り、生活空間を満たしてきました。

 

紙を使ったこうした文化はそれぞれの国や自然、歴史の中で熟成され、個性豊かな独自の切り絵文化として成長しました。

 

「切り絵」には「切り紙」「影絵」など多彩なジャンルがあり、未だにその定義・技法が確立されていません。

 

しかし、定義されていないということは、無限の可能性もあるということです。

 

今では「切り絵」という概念を超えた独創的で魅力あふれる作品が数多く誕生しています。

 

本展では、切り絵専門の美術館である「富士川・切り絵の森美術館」(山梨県身延町)の全面的な協力のもと、日本を代表する切り絵作家11名の作品110点を紹介します。

 

作家それぞれが独自の感性と手法を駆使し、その作品は観る人を一瞬にして異空間に導きます。

 

“究極のカミワザ”を心行くまでお楽しみください。

 
 

イベント名
 切り絵アート展
開催場所
 福岡県立美術館
開催地住所
 福岡県福岡市中央区天神5丁目2-1 (地図はこちら)
開催日
 2018-04-20(金) ~ 2018-06-03(日)
お問い合わせ
 TEL: 092-715-3551
利用時間
 10:00~18:00(入館は17:30まで)
お休み
 月曜 ※ただし4月30日(月・休)及び5月1日(火)は開館
料金
 一般:1,200円 (1,000円)  高大生:800円 (600円)  小中生:500円 (300円)
※( )内は20名以上の団体料金
公式WEB
 http://fukuoka-kenbi.jp/exhibition/2018/kenbi9479.html
備考