生誕60周年記念 くまのパディントン (TM) 展


 
 

英国生まれのキャラクター、パディントンの生誕60周年を記念した「くまのパディントン展」(毎日新聞社、RKB毎日放送主催)を開催します。
 
児童小説「パディントン」シリーズの原作者、マイケル・ボンド氏(1926~2017)の生前のインタビュー映像や、児童書の挿絵で知られるペギー・フォートナムや絵本作家らの原画、世界中で出版された書籍など、多彩な展示でパディントンの世界を紹介します。
 
パディントンは、南米・ペルーから一匹で英国までやって来た子ぐまです。
 
ロンドンのとある駅でブラウン夫婦に家族として迎えられて以降、さまざまな冒険談で街の人気者になっていきます。
 
ダッフルコートに帽子をかぶったおちゃめなパディントンですが、その誕生の背景にはボンド氏の平和へのメッセージが込められています。
 
世界的な名作として、世代や国を越えて愛され続けるパディントンの魅力が詰まった展覧会にぜひお運びください。

 
 

※最終日4月15日(日)18時まで(入場は17時30分まで)

 
 

イベント名
 福岡アジア美術館
開催場所
 福岡アジア美術館
開催地住所
 福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階 (地図はこちら)
開催日
 2018-03-10(土) ~ 2018-04-15(日)
お問い合わせ
 毎日新聞事業部092-781-3636(平日10:00~18:00)
利用時間
 10:00~20:00(入館は19:30まで)
お休み
 毎週水曜日
料金
 一般1,200円 高大生1,000円 小中生500円 *未就学児は無料
公式WEB
 http://faam.city.fukuoka.lg.jp/exhibition/detail/505
備考