山本二三展


 
 

faam-201405-山本二三展
時をかける少女<踏切>2006年 c「時をかける少女」製作委員会 2006

 
 
 

山本二三は1953年(昭和28年)、長崎県五島市生まれのアニメーション美術監督です。

 
 

数々の名作アニメーションで美術を手掛けて、30年以上、第一戦で活躍し続ける山本さんの画業を背景画、スケッチ、イメージボードなど約200点で紹介する最大規模の個展です。

 
 

日本のアニメーションが世界的な評価を受けていく過程で山本さんの手掛けた「美術」が果たした役割は大きい。

 

24歳で初めて、宮崎駿さんが演出する「未来少年コナン」の美術監督を務め本格的にタッグを組んだ「天空の城ラピュタ」。

 

また全身全霊を懸けて取り組んだ「火垂るの墓」。

 

さらに「もののけ姫」「時をかける少女」など数多くのアニメーションを手掛けている第一人者です。

 
 

精密さを持って描かれた山本さんの背景画を鑑賞し、アニメーションキャラクターを重ねて観ていただければ幸いです。

 
 

※最終日6日(日)は18:00まで

 
 
 

主 催: 毎日新聞社 TVQ九州放送

 
 

イベント名
 山本二三展
開催場所
 福岡アジア美術館(企画ギャラリー)
開催地住所
 福岡県福岡市博多区下川端町3-1 (地図はこちら)
開催日
 (日) ~ (日)
お問い合わせ
 毎日新聞社福岡本部事業部 電話: 092-781-3636
利用時間
 10:00~20:00(入館は19:30まで)
お休み
 毎週水曜日
料金
 一般: 1,200(1,000)円 / 高大生: 800(600)円 / 小中生600(400)円
※( )内は前売り、20人以上の団体、障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳、福岡市発行のシルバー手帳および北九州市発行の年長者施設利用証提示者の料金
公式WEB
 http://faam.city.fukuoka.lg.jp/exhibition/detail/160
備考
 
+ 近隣オススメイベント